本間達也
医学博士
医療法人生愛会理事長・総院長
福島県立医科大学医学部臨床教授

高齢者や認知症を有する人への口腔ケアによる誤嚥性肺炎の予防

高齢者は誤嚥性肺炎を起こしやすく、その予防のためには口腔ケアが重要です。

「好きなものを食べる」「好きなことを話す」「元気に笑う」ことは、その人らしさに通じるので、
高齢者が豊かに生きるためには、口腔ケアによってQOLを高め、全身の健康を維持することが大切になります。

認知症の人の場合、症状が進むと従来通りに食事を楽しむことが難しくなります。

口の機能が衰えると誤嚥性肺炎の危険も高まりますので、この場合も口腔ケアが重要になります。

実際に高齢者施設で高齢者の口腔ケアを行ったことで、発熱や肺炎が減った、健康状態がよくなったという事例が報告されています。

食べ続けられるように多職種で食の支援を行うことで、高齢者は食べることが楽しくなり、心も体も元気になります。








Kuchino Kenkoto Taberu Chikarawo Sasaerukai