あなたの健康を、口から守るために。



「口腔健康サポーター」と名付けたこの市民講座は、医療や介護などの分野で活躍する有識者の持つ知見を動画教材としてまとめ、市民の皆様にお伝えしていくものです。

ご自身や大切なご家族、あなたが関わる地域の皆さんの健康を守るためにお役立てください。費用はかかりません。

いつまでもしっかりと噛んで食べるためには、歯科的な日常管理が必要なのは言うまでもありませんが、実は主役である「食べたいと願う人」にかかわる周囲のすべての人の応援や理解、食べるための環境も大きな要因となります。

一方で、要介護の状態にある方においては、誤嚥や窒息というリスクを防ぐためにも、食べる様子の観察や、専門家への相談というサポートも大切になります。

その意味において「口腔健康サポーター」市民講座が公益社団法人日本医師会、公益社団法人日本歯科医師会、公益社団法人日本看護協会や介護関連団体の応援をいただくことには大きな意味があります。

この運動は営利事業ではなく、趣旨にご賛同くださる協賛企業や一般の方の寄付金などで成り立っています。

協力者の力を集めて少しずつですが、質の高い情報をお届けしてまいります。

我が国の高齢者の健康寿命を少しでも延ばし、大切な介護予防、重症化予防につながる可能性の高い分野として、市民の皆さんと一緒にこの運動を育てていきましょう。



現在制作中の「口腔健康サポーター市民講座」(動画)は、当ホームページで2023年1月中に公開を予定しております。
無料講習に参加して、「口腔健康サポーター」として、ご自身やご家族、地域のみなさんの健康維持にお役立てください。








Kuchino Kenkoto Taberu Chikarawo Sasaerukai